この1月は保健師課程の学生の集中講義期間、

その合間に、育児休業中の男性をお招きしてお話ししていただきました。

【その1】はこちら:

【イクメンの話を聴くーその1】
学生が育児休業中の男性のお話に刺激を受けました

 

dzzFJz1

 

そのお話の内容を、ご本人のご承諾を得て、ご紹介します。

尚、あくまでも個人のご感想・ご意見です。
所属先の見解、本ブログ主催者および所属先の見解を表すものではありません。

 

育児休業取得についての話の依頼を受けて、伝えようと思ったことは大きく4つ

 ★なぜ育休をとろうと思ったのか

 ★育休を取ることに対する不安

 ★実際に育休を取ってみての感想

 ★今後、どうすれば育休を取る男性が増えるか

 

では、今日はひとつめのこちらから。

★なぜ育休をとろうと思ったのか

☆彡一番最初のきっか⇒妻が早めに仕事復帰するということ

〇復帰時点で子どもは9か月児。一番かわいい時期に、より深く関わりあいたい!

第1子のときは、1歳まで妻が育児休業取得中であり、タイミングを逃した、

今回、第二子の時には育休を取ろうと思った。

 

〇職場の環境に恵まれていた

育休取得に抵抗を感じるような雰囲気はなく、

直属の上司も理解があり、恵まれていた、

公務員であり、所属自治体は、少子化対策などの点から

男性の育休取得を含めた育児参加を進めている背景もあった

さらに、管理職向けの部下への育休制度周知・育休取得勧奨が通達され、

育休取得者向けの職場復帰研修の制度も用意されていた

●ちなみに・・・・・、

平成25年度の男性の育休取得(該当自治体):0.8%  女性:96.7%

短期育児休業:51%    出産補助:79.2%

 

〇将来への影響も考えたが・・・・

正直、育休取得時点ではわからないし、それほど気にしなかった

●ただ、多くの場合は、職場の雰囲気、将来への影響などなど、職場のハードルは高いのでは?

自分は公務員であり、民間企業に勤務する友人の様子を見ていると、育休なんて雰囲気はない・・・・・

このように、自分自身の決心がつけば、いつでも育休を取れる雰囲気であるということが

育休取得にあたって、非常に大きな要素になると思う、とのことでした。

 

次は、「★育休取得に際しての不安」に続きます。