信州大学 医学部保健学科広域看護学領域 公衆衛生看護・在宅看護のホームページ

ミッション

  • HOME »
  • ミッション
公衆衛生看護は、地域で生活をしている人々の健康を増進することや病気の予防のための支援について看護学、公衆衛生学、社会学を統合・適応させることによって追求する専門領域です。

在宅看護は、支援を必要として地域で生活をしている人々への医学的・社会的な視点から、キュアとケアについて追求する専門領域です。

いずれも地域社会に目を向け、地域の皆さんとともにケアのあり方を考え、一緒に行動し、支援する活動です。

このような活動を支えるために、地域が見える・人がわかる・科学(データ)が読める人材の育成および知識・技術の探究や開発を目指しています。

公衆衛生看護のミッション

健康な町づくりを支援できる保健師の育成を推進します。
学部学生には

  • 地域の理解を深めるために、根拠を導き出せる力を育てます。
  • 住民の立場や現状を理解し、住民に寄り添える力を育てます。

大学院生には

  • 論理的な思考を育て、研究力と実践力を育てます。
  • 豊かな発想力を基に、住民とともに健康的なプログラムを推進する力を育てます。

地域で働く保健師のみなさまには

  • 現場での課題を解決するためのサポートを行います。
  • 長野県や長野県看護協会と連携した、サポート体制を作ります。

在宅看護のミッション

卒後、多くの学生は医療機関に就職することに鑑み、病気や障害を持ちながらも住み慣れた地域での、その人や家族の暮らしを見据えて、考えること・行動することができる看護師を育てます。

治療優先でなく、その方のおくりたい生活、より安心な生活を送れるために健康が必要であることを忘れずに、心を支える専門職を追究します。

地域で働く訪問看護師のみなさまと、介護ケアを必要とする住民の方々の課題解決に向けて、協力して支援の知識や技術を追求します。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.