先日、長野県の中信にあるA市にて、ワークショップ講座をさせていただく機会をいただきました。

タイトルは、長いですが^^;;

『ー大人のための、今だからこその健康学習シリーズー

自分のからだとこころを心地よく

~大人のからだのしくみと年齢変化への対応』 

というもの。

「愛のパワーを維持して生き生きライフ」という言葉も書き添えて^^

 12187897_1169072376455419_6124455000112810339_n

↑準備中の様子です。

A市のPTA連合会の集まりで、約100名の小・中学校のお父様・お母さまが出席くださいました。
年に2回、研修会があるのだそうです。

当初お聞きしていたより、男性が多く、ちょっとびっくりしましたが、

男性の皆様が、ご自身のホルモン変化、いわゆる更年期について、

基礎的な事柄をお聞きになる機会は少ないと思いますので、

嬉しい気持ちもありました。

だって、ご家庭の中にいる男女、仲良くするには、自分のことを知っていると、

相手とも仲良くできます。

そして、相手の年齢変化も知ることで、無用な怒りや恨み?^^;;も減らせるかもしれません。

さてさて、この時の内容です。

いわゆる更年期、ホルモンによるからだとこころへの変化、

特に自律神経症状への対応として、

ハッピーでいる、ごきげんでいることの大切さ、自分が満たされていること、

更年期の症状への体と心への対応の仕方や一般的な治療、

性的行為に伴う男女双方の変化と、それに伴う症状、対処なども。

そして、全てを詳しくお伝えすることは時間的に難しかったので、

対応の5つのカテゴリーから、更年期のこころへの対応を主に取り上げて、

”しつもんシート”を活用して、お考えいただき、グループでシェアしながら、

講義とワークの二本立てで進めていきました。

リアクションペーパーに多くの方が記載してくださいました。

とてもありがたい気持ちです。ありがとうございました。

およその傾向として、

家族に優しくなれる、

自分のことを考えることが大切だと思った、

男性にも更年期があるとわかった、

普段聞けない話を聞けてよかった、

などの感想をいただきました。

「ふだん子供や家族の事ばかりが中心に考えるが、自分も変化の時期だと考える事ができた」

「男性の傾向、コミュニケーション覚え書、つきあい方について子ども(男の子)にもあてはまる部分があると知り、気をつけたいと思った」

「パートナーや家族とまっすぐに交わりながら自分を認めていきたい」

「性=人生ということ」

「自分が満たされてこそ!”ごきげん力”、もっと自分を大切にしたい」

そして、これから起きそうな変化として、

「子どもや夫をもっとほめてあげたい」

「自分や家族の体と心の事を考える」

「自分を大事にできる」

「自分の気持ちの変化や体の変化にもっと真剣に向き合おうと思った」

「自分の心と体にも気を配るようになる」

「自分もまわりの人も大切にできる」

「心を元気にするために、体を元気に動かしたい」

「自分の体に対する意識の変化」

などのご意見を多くいただきました。

毎回、伝えきれない想いと、

なにがしかはお役に立てたのかしらという想いと混じり合います。

すべての方に満足していただくのは難しい、けれど、出来うるすべてを、の想いです。

内容範囲が広すぎて頭に残らないことも、というご意見は課題として考えていきます。

今回は、ワークショップなので、そのようにテーブルもセッティングしていただき、

他にもさまざまな準備をしていただき、スムースな開始・運営をしていただきました。

もうほんとうにすべてありがたい!!!感謝の思いでいっぱいです。
ありがとうございました❤

『「性」=人生ですね』という感想の記述には、本当にうれしい想い。

いつも思うのですが、もっと明るく「性」を考える&知る、雰囲気になるといいな〜*\(^o^)/*

フォローアップ・セミナーは、大学を通さなくても、直接ご要望も受けておりますので、

気になった内容について、もっと詳しく聞きたい、など、

小グループでのワークショップができるといいなあという思いもございます。

少しずつでもできるだけ、まずはスタート、です

お花っていいですね ♡(*^^*)
こちらもありがとうございました。

12189813_1169072836455373_1525105541833336840_n 11219089_1169072849788705_8442256395151504960_n